自宅 脱毛 クリーム

ボディケアは鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳除毛クリーム

薄着になる季節は、どうしてもムダ毛が気になってしまいます。

 

 

長い冬の間にムダ毛ケアをさぼっていると、ちょっとした時にムダ毛が顔をのぞかせてとても恥ずかしくなることがあります。

 

 

薄着の季節になる前に、しっかりムダ毛のケアをしておきたいですね。

 

 

私のお気に入りは、鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳除毛クリームです。

 

 

普通の除毛クリームはお肌がヒリヒリする感じがするのですが、鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳除毛クリームはほとんどヒリヒリすることはありません。

 

 

お肌にやさしい成分がたっぷり配合されているので、お肌をケアしつつムダ毛を取り除くことができます。

 

 

カミソリで深剃りをするとお肌まで削ってしまいますが、パイナップル豆乳除毛クリームなら毛穴の内側までムダ毛を溶かすことができるのにお肌への負担が少ないので気に入ってます。

 

 

毛穴の内側まで溶かすことができるので、ムダ毛が気になるまでのタイムスパンも長く、短い間隔で除毛しなくてもいいのでラクです。

 

 

使い方はとっても簡単です。

 

 

ムダ毛が見えないくらいにパイナップル豆乳除毛クリームを塗って、約5分から10分ほど放置した後でティッシュでやさしく拭き取り、ぬるま湯で洗い流せばいいだけです。

 

 

これだけでうれしくなるくらいスッキリとムダ毛を除毛することができます。

 

 

それに、同じ鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションを使えば、さらにムダ毛が伸びる速度を遅くすることができます。

 

 

パイナップル豆乳除毛クリームとパイナップル豆乳ローションをコンボで使えば、ムダ毛ケアがかなり楽になること間違いありません。

 

 

どちらもお肌に良い成分がたっぷり配合されているので、どこでも気軽に使えるのでおすすめです。

 

 

ムダ毛のケアをしながら、スキンケアまでできてしまいます。

 

鈴木ハーブ研究所のローションを使って。

 

わたしはもともと毛深い体質で、足や腕の毛はもちろん、顔の産毛なんかも周りの女の子と比べて濃い目で、中学生のころはよく男の子みたいだねといじめられていました。

 

 

頻繁に処理をするようにしていましたが、足は特に、処理をすれば毛穴がぽつぽつと黒い点のようになり、それもまた目立ってしまいます。

 

 

また、頻繁にカミソリで処理をしていると、カミソリ負けしてしまい、よく肌が傷付いてしまいました。

 

 

全身脱毛という方法もありますが、しょっちゅうサロンに通う時間もなく、継続的にいけないので、あきらめていました。

 

 

同じような悩みを持っている友達に出会い、話をしていると、鈴木ハーブ研究所というメーカーがあるということを教えてくれました。

 

 

早速インターネットで調べてみると、ローションがかなり反響があるようでしたので、試しに一つ購入してチャレンジしてみました。

 

 

すると、何回か使用しているうちになんとなく顔の産毛が薄くなってきたように感じました。

 

 

嬉しくてさらに継続して使用していると、自然と顔の産毛を剃る回数も減り、そのおかげでカミソリ負けもしにくくなりました。

 

 

そして、よく皮がめくれて化粧をしづらかったのもなくなり、毎日のお化粧が楽しくなりました。

 

 

足や腕の毛も同様にうすくなり、処理する回数は格段に少なくて済むようになりました。

 

 

いままでずっとコンプレックスだった分、このローションのおかげで悩みが解消されたことが非常に嬉しかったです。

 

 

そして、もうひとつ変わったことがあります。

 

 

それは、おしゃれも楽しむことができるようになったことです。

 

 

少し丈の短いスカートにも挑戦できるようになり、夏場のノースリーブの洋服も自信を持って着られるようになりました。

 

 

鈴木ハーブ研究所には本当に感謝しています。